弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とは

国に損害賠償を請求する「B型肝炎訴訟」を提起し和解が成立することで給付金を受け取れます。

TOP 過払い 過払い金返還請求

過払い金返還請求

長い期間借金を返済している人は、正当な返済額を超えて払い過ぎている場合もあります。払い過ぎてしまったお金は、過払い金返還請求の手続きをすれば戻ってきます。

この債務整理の方法は、任意整理と呼ばれています。任意整理は、個人でも行うことができますが、個人で行うと債権者が請求に応じない場合があります。

そのため、弁護士や司法書士などに依頼をしたほうが良いでしょう。依頼をすると、弁護士は債権者に対して受任通知を発送し、取引履歴を請求します。この受任通知を債権者が受け取ると、その時点で債権者は取り立て行為が禁止されます。

そして、取引履歴を見て、高い金利で借り入れをしていた場合は、利息制限法に基づい引直計算が行われます。 この計算で過払い金があるかどうかが判明します。

弁護士の業務である過払い請求

弁護士の業務である過払い請求については、債務整理の一つであることがあげられます。債務整理と言えば法的に借金問題を解決していく方法となり、他には任意整理や個人再生、自己破産などの手段があります。これらの手段と異なる点は、自分が過去に支払いすぎたお金を請求することで、返済してもらう制度になります。

この過払い金の請求制度については、10年という期限が設けられています。この期限を過ぎてしまいますと、いくら過剰に支払い過ぎていても、お金を取り戻すことができませんので、そのあたりは注意が必要になってきます。

過払いについて

弁護士にお願いできる過払い請求

弁護士にお願いできる過払い請求については、法律が改定されたことによって、認定された司法書士でもおこなえるようになりました。過払い金の請求については、債務整理と異なり、すぐにおこなうことのできるものになりますので、弁護士でない場合でも弊害はないですし、費用もリーズナブルでしょう。

しかしながら、司法書士については一つの案件につき140万円以内という制限がありますので、そのような金額を超えてしまった時点で依頼することができなくなります。そのことを踏まえてどちらの法律家に依頼すべきか、考えてみるといいでしょう。

弁護士が実施する過払い請求

弁護士が実施する過払い請求については、これまで多くの人がおこなってきた債務整理になります。この方法については弁護士や司法書士などの法律家に依頼することなく、直接自分でおこなうこともできます。しかしながら、その場合においてはリスクが伴ったり、専門的な知識が必要になってきますので、そのことをしっかりと理解することが大切になるでしょう。

そのような理解のもとどの法律家に依頼すべきか考えてみたほうがいいでしょう。最近では無料の相談をおこなっている機関や法律事務所もありますので、まずは相談してから決めてもいいでしょう。

弁護士に過払い請求を依頼しよう

過払い請求を弁護士に依頼するにあたって、自分の過去に支払い済みの借金に関して過払い金が発生しているかどうかを調べる必要があります。その方法については弁護士や司法書士に依頼することでスムーズにおこなってくれることがあげられます。

過払い金については、信用情報や法的な知識なども必要とされ、知らない場合において発生するリスクもありますので、わからない人においては自分でおこなったりする事はやめ、法律家に依頼することが最善の方法でしょう。法律家ではなくても、相談に乗ってくれる自治体の窓口や期間はありますので、そのようなサービスを利用してもいいでしょう。

メニュー

弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とはTOP B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟費用 B型肝炎訴訟弁護士 交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 過払い 過払い請求 過払い大阪