弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とは

国に損害賠償を請求する「B型肝炎訴訟」を提起し和解が成立することで給付金を受け取れます。

TOP B型肝炎訴訟 B型肝炎の原因と再感染の可能性

B型肝炎の原因と再感染の可能性

B型肝炎は、血液や体液を介して感染します。感染原因としては性交渉がとても多く、複数のパートナーがいる人の方がリスクは高まります。感染しても、一過性の感染で治まることがほとんどです。一部の人たちが急性肝炎を発症し、治癒した後には一生涯続く免疫を得ていますので、再感染の恐れはありません。

パートナーがキャリアであり、自分が感染していない場合には、ワクチンを接種しておくと安心です。B型肝炎の場合には、感染していても発症していないキャリアの人も大勢いますので、心配があるなら一度検査を受けてみることをおすすめします。

症状の程度で額が変わるB型肝炎給付金

注射器が連続使用された集団予防接種を幼い頃に受けたことで、B型肝炎ウィルスに感染してした方は、最大約40数万人いるといわれています。これらの対象者が受け取れるのが、B型肝炎給付金です。給付金の額は、病態によって異なります。

例えば、感染して20年を経過していても症状が出ていない場合は、給付金50万円と検査費用など、20年を経過していないけれども症状が出ていない場合は、600万円です。慢性B型肝炎を発症して、20年を経過していない場合は1250万円、20年を経過して現在治療中の場合は300万円、20年を経過して現在治療中でない場合は150万円です。

B型肝炎訴訟について

B型肝炎給付金、必要な時に受け取り活用を

B型肝炎給付金は、幼い頃に集団予防接種を受けた際に、注射器の使い回しでB型肝炎ウィルスに感染した人などが対象です。感染していても気づかずに、何十年も日常生活を送り続ける人もいます。しかしながら、肝がん、肝硬変など重度になると死に至る場合もあります。

感染より20年を経過しても症状が出ていないとしても、50万円と検査費用などが給付金として支払われます。遺族が請求することもできますが、対象だという可能性があるなら、早急に弁護士に相談し、提訴に踏み切るのが賢明です。早めに請求すれば、治療に役立てやすいでしょう。

B型肝炎給付金は当人が死亡しても受け取れる

B型肝炎によって遺族が亡くなっていると判断できたら、後は訴訟を起こして、給付金を受け取れるようになります。訴訟によって、実際に認められる状況になっているなら、問題なくB型肝炎給付金はもらえるようにしています。脂肪によって得られる給付金は一番高く、用意されている金額の中でも相当多くなっています。

かなりの金額を提供してくれる可能性もありますが、問題は認定されるかどうかです。実際に遺族が依頼を出しても構いませんが、認められない状況になってしまうと大変です。B型肝炎給付金を受け取るために、あらゆることを考えるのです。

B型肝炎給付金を受け取るための所定手続き

過去に実施されていた幼児への集団予防接種では、注射器が連続使用され、多くの方にB型肝炎ウイルスの感染が見受けられました。国への賠償責任が求められた訴訟を経て、B型肝炎給付金の給付が行われるようになり、感染被害者と家族に対しての支払いが進められています。

給付金を正しく受け取るには、定められた所定の手続きを行うことが必要であり、自分が対象者に含まれているかなどの確認作業も重要な要素となります。どのように対処すれば良いか分からない場合においては、弁護士への相談も可能とされており、正確な情報を入手できます。

メニュー

弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とはTOP B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟費用 B型肝炎訴訟弁護士 交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 過払い 過払い請求 過払い大阪