弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とは

国に損害賠償を請求する「B型肝炎訴訟」を提起し和解が成立することで給付金を受け取れます。

TOP B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟費用 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎訴訟

目次

B型肝炎訴訟について

A型肝炎は急性肝炎になることが多いですが、B型肝炎は慢性肝炎となる場合が多いのが特徴です。B型肝炎の原因ウイルスを体内から排除することが難しいからです。

慢性化することで、治療費が重くのしかかってくることになります。ただ、集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった場合は、国からの給付金を受けることができます。

給付金を受けるには、国を相手に訴訟を起こし、集団予防接種によってB型肝炎に感染したことを認定してもらう必要があります。また、B型肝炎訴訟費用は病状によって違ってきます。

3600万円の給付金を受けることができる死亡、肝がん、肝硬変(重度)の場合、12万8000円の印紙代が必要です。

B型肝炎訴訟の流れについて

もしかすると自分もB型肝炎訴訟を行い、給付金を受け取る事ができる可能性も考えられるという人は、いきなり弁護士の所に行ってB型肝炎訴訟の相談をするのではなくて、まずは検査を受けて、B型肝炎に感染しているかどうかを確認しましょう。

もし、感染している場合には、その経路について調査する事でB型肝炎訴訟にかなり近づく事でしょう。集団感染が原因となっている場合には、B型肝炎訴訟をする事ができます。

そして、弁護士に相談しましょう。B型肝炎訴訟については、すべき事がたくさんある場合もあり、時間がかかる事もあります。少しでも早くすべての手続きを終えたい人は、できるだけ早期に開始しましょう。

B型肝炎訴訟について

B型肝炎訴訟の手続きは簡単ではない

B型肝炎訴訟は、国と訴訟団の和解が成立しています。そのため個人で訴訟を起こさず、手続きのみで給付金を受け取れると思っている方は、そう少なくありません。訴訟団と和解が成立していても、対象者の多さや各個人で感染源やその後の病状があるため、手続きだけでは受け取ることができません。

B型肝炎給付金を受け取るためには、初めに弁護士を立て少ない書類を作成して、国相手に裁判を起こして成否を判断してもらう必要があります。個人では面倒な手続きも弁護士におこなってもらえるので、訴訟を起こそうとしている方は一度相談に行くことをおすすめします。

B型肝炎給付金の請求期限について。

B型肝炎訴訟における歴史と新たな制度

過去には、集団予防接種における注射の連続使用が大きな問題へと発展し、B型肝炎ウイルスの間瀬園における被害拡大に至ってしまった歴史があります。B型肝炎訴訟によって、感染被害者や弁護人による国への賠償責任が求められ続けた結果、救済措置として給付金の支払いが行われるようになりました。

定められた手続きを正しく行う事で、給付金の受け取りが可能とされており、細やかな対処が必要とされています。どのような対応を行えば良いか知りたい時などについては、弁護士へのB型肝炎給付金相談も活用されており、些細な疑問について解決させられます。

ネットでB型肝炎給付金請求について調べるならB型肝炎給付金請求ナビがお勧めです。いろいろな事例を紹介しています。大阪、京都、神戸の弁護士事務所、みお綜合法律事務所が運営しています。B型肝炎訴訟にも強い弁護士事務所です。

https://www.bgata-kyufukin.com/

B型肝炎訴訟、症状がない場合

B型肝炎給付金の請求は、何の症状が出ていない場合でもすることができます。B型肝炎ウィルスに感染しているけれども症状がないことを、無症候性キャリアといいます。給付条件を満たしていれば、B型肝炎訴訟で請求することができます。

幼い頃に集団予防接種を受けた際に、注射器の使い回しによりB型肝炎ウィルスに感染した人に支払われる、国からの損害賠償金を給付金とよんでいます。その対象者に該当すると証明できれば、支給されるのです。実際に、献血をして初めて気付く人も多く、最大で約40数万人といわれている対象者のうち、請求したのは少数です。

長かったB型肝炎訴訟の歴史

現在までB型肝炎訴訟の歴史は非常に長かったと思われます。しかし、B型肝炎訴訟の歴史は完全に終わったという分けではありません。B型肝炎訴訟の歴史は、現在も続いています。

まだ給付金を受け取っていない人がいたり、現在も治療を続けており、病気と闘っている人もいます。そのため、B型肝炎訴訟の歴史はまだ続いています。

そして、B型肝炎訴訟の歴史は、これからの時代にも活かしていく必要があります。人々が安心して生活する事ができる社会が求められています。

該当するすべての人がしっかりと給付金を受け取り、そして病気が完治するまで戦いは続きます。たくさんの人が、状況が改善する様に願っています。

B型肝炎訴訟の歴史を使える人達

現在までに学校などでB型肝炎訴訟の歴史について勉強した事があるという人も多いかと思います。しかし、B型肝炎訴訟の歴史について、これからも忘れてしまう事がない様にするためにも、B型肝炎訴訟の歴史について伝える人達がいます。

B型肝炎訴訟の歴史については、学校の先生が生徒たちに伝えるだけではなく、実際に集団予防接種が原因となって病気に感染し、これまでに大変な思いをした経験がある人達が、中学校や高校などの学校を訪れて、これまでの自分の経験を話したりする事もあります。

やはり、大変な思いをした人達本人がB型肝炎訴訟の歴史について語る事によって、印象深く心に留まることでしょう。

B型肝炎訴訟の支払い

集団予防接種によるB型肝炎発症については国が給付金を支給しています。その際にはいろいろな要件やいろいろな提出資料が必要になります。

弁護士を利用せずに自分で国に請求する場合は厚生労働省のホームページのB型肝炎のページを見るといいと思います。請求できる範囲や要件が詳しく書いてあります。

完全に当てはまらない場合、こういう場合はどうなの?という場合があるとは思います。そんな場合も厚生労働省の窓口で相談することができます。

ただ、その説明で理解、納得できればそれはそれでいいと思います。ただ、納得いかない場合が問題なのです。

給付金を請求できないまたは減額される場合などについて厚生労働省と話しても仕方ないかもしれません。

そんな時には迷わずにB型肝炎に詳しい弁護士に相談するといいでしょう。

B型肝炎訴訟について詳しい弁護士といえばTV CMをしているような弁護士事務所を想像するかもしれません。

また、全国の集団訴訟の弁護士団を想像するかもしれません。 実際に相談するのは全国の弁護士団は地域ごとに分かれていてそこを運営している弁護士というのが一番多いのではないでしょうか?

厚生労働省のホームページからリンクが張られています。当然ですが、このような訴訟を起こす場合、B型肝炎給付金請求のための資料作成は非常に大変で、それを自分で行わないなら弁護士に代行費用を払わないといけません。

これは弁護士に金額などを聞いてみるしかありません。B型肝炎の被害者だから弁護士費用がタダになるというのは難しいでしょう。

多くの場合は給付金が振り込まれた後、そこから弁護士費用を支払うということになります。予め弁護士に手付金的な費用を支払う場合もあるかもしれません。

それは弁護士事務所によって異なるので相談する弁護士事務所に相談してください。

また、B型肝炎給付金請求をしたからといってすぐに満額のお金がもらえるわけではありません。

数か月かかることが普通です。そういうことを考えて弁護士への支払いも考える必要があります。

前払いで多くの金額を支払うと生活を考えると大変になる可能性が発生するかもしれません。そのあたりも相談する弁護士に聞くといいでしょう。

相続人が対応するB型肝炎訴訟

すでに亡くなってしまっている人も、B型肝炎訴訟の救済対象となっている事もあります。

しかし、亡くなってしまっている場合には、本人が自分でB型肝炎訴訟の手続きを行う事はできません。

ですので、死亡している場合のB型肝炎訴訟となれば、相続人が弁護士による法律相談を受ける事によって解決する事ができます。

死亡している場合のB型肝炎訴訟となれば、受け取る事ができる給付金の金額というのは非常に高額となる事が予想されます。

まだB型肝炎訴訟の救済を受けていない場合は、解決に乗り出しましょう。相続人が複数いる場合には、給付金の受け取りの際にトラブルにならない様に注意しましょう。

詳しく知りたいB型肝炎訴訟

過去にCMや広告などでB型肝炎訴訟について、見たり聞いたりして知っている人は多いでしょう。

B型肝炎訴訟について詳しく知りたいという場合には、インターネットを活用するといいでしょう。

B型肝炎訴訟については、専門用語が出てくる事もあります。しかし、素人でもB型肝炎訴訟について学べる様に分かりやすく紹介されている事もあります。

B型肝炎訴訟に関して、知識を深める事ができれば、自分自身が対象となっている場合に救済を受ける事ができます。

また、給付金受け取りの対象となっている家族がいる場合、教えてあげる事もできます。解決するためには期限も重要となりますので、早めに対応しましょう。

B型肝炎給付金の訴訟について弁護団に相談

何となく訴訟と聞くと不安に感じる人も多いと思いますが、B型肝炎給付金については、弁護団のサポートにより、被害者は救済を受ける事ができます。

B型肝炎給付金の受け取りのための訴訟は複雑な手続きが必要ですが、経験豊富な弁護団に任せる事で、きっと無事に救済されるでしょう。

B型肝炎給付金の訴訟について弁護団に相談する事が大事です。B型肝炎給付金の訴訟について弁護団に相談する際に平日の昼間は仕事が忙しいという人もいます。

B型肝炎給付金の訴訟について弁護団に相談する際には、夜間の相談が可能な場合もあります。時間に余裕がないという人であっても、無事に救済を受ける事が可能でしょう。

あなたも対象の可能性?! B型肝炎給付金請求とは?

あなたも対象の可能性?! B型肝炎給付金請求とは?について弁護士法人みお綜合法律事務所が解説。

公開日:2018/02/24

B型肝炎の無症候性キャリアの方へ

B型肝炎の無症候性キャリアの方へ。弁護士法人みお綜合法律事務所が解説。

公開日:2018/02/24

メニュー

弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とはTOP    B型肝炎訴訟    B型肝炎給付金    B型肝炎訴訟費用     B型肝炎訴訟弁護士     交通事故相談    交通事故弁護士    交通事故慰謝料    過払い    過払い請求    過払い大阪